専業主婦でも借りれるキャッシングに源泉徴収票は必要か

銀行系の信販会社が専業主婦でも借りれるというキャッチフレーズでキャッシング商品を提供しています。
ただ、収入のあてがない専業主婦にどうしてキャッシング枠が設定できるのでしょうか
 
信販会社も最初から専業主婦自身の返済能力など当てにしていません。
あてにしているのは配偶者である夫の支払能力です。
その支払能力を測る手段が源泉徴収票です。
 
源泉徴収票には働いている人の勤務先やその人の年収が載っています。
これを見れば融資していい人かどうかを判断できるわけです。
また、偽造もありうる事から健康保険証の提示も併せて必要になります。
 
そのため、夫の源泉徴収票は申込時に必要になるのですが、人によっては家に持って帰ってこない人やもらっても捨ててしまう人もいます。
この場合、申込ができないという事になりますが、場合によっては申込できる事があります。
夫の給与振込口座が申込をする銀行の場合、勤務先や給与の手取り額のデータはわかっているので、それらのデータで審査ができれば申込は可能という場合があります。
 
このようにして専業主婦でも借りれるキャッシングというものが成立するのです。

専業主婦でも借りれるキャッシングに源泉徴収票は必要か はコメントを受け付けていません。

Posted in 未分類